忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/04/20 04:22 |
大掃除
4月1日の金曜から新天地での勤務。
まずは生物準備室へ自分の荷物の搬入、と思ったが、やはりそこは他の人が使っていた部屋なので勝手が違う。
機器、教材等の整理をし始めたら、結局大掃除になってしまった。
土曜日、日曜日も使って、ようやく整理されてきた。
地震、前任校、そして原籍校の大掃除と、最近大掃除ばかり。
腰が痛くなってきた!

拍手[1回]

PR

2011/04/03 21:08 | Comments(0) | TrackBack(0) | 時事
わたくしごと!
初任で赴任した矢板高校で働くこと12年。
いよいよ転勤となり、今日内示がありました。
次の転勤地は、那須拓陽高校!

心残りはたくさん、でも言い始めたらきりがないので、先へ進む準備を始めなければ。
ん~、でもやっぱり、今は前にも後ろにも進めない不思議な気分です!

拍手[1回]


2011/03/24 20:25 | Comments(0) | TrackBack(0) | 時事
宇都宮のガソリン不足、ピーク過ぎたかな?
あくまでも主観ですが、宇都宮のガソリン不足のピークは過ぎたようです。
まだガソリン供給待ちの行列ができていますが、整理券の利用などで行列が無駄な渋滞を起こすことを無くし、二次的な混乱は収束しつつあります。
22日の今日は、ガソリン供給待ち時間は1~2時間程度。
レギュラーガソリンはあってもハイオクが売り切れとか、まだ、十分な供給ではありませんが、随分改善されてきていると思います。
スーパーでの販売物に関しては、売れ切れ状態だったのは地震後3日程度で、今は特に生活に支障はありません。
ただし、一部の場所、矢板市などでは依然として断水が続いているようです。

さて、自分のところは供給の面で復旧しつつありますが、他のところはどうなんでしょう?
メディアでの情報で概略は分かるのですが、局地的にどのような状態になっているか分かりません。
できる支援をしていきたいと思いますが、TPOを捉えられないと、余計なお世話になってしまうので、ローカルな情報が欲しいですね。

拍手[0回]


2011/03/22 19:02 | Comments(0) | TrackBack(0) | 時事
ニュースから
今日のニュース
以下、引用


燃料供給、今週後半頃にほぼ解消…経済産業省
読売新聞 3月21日(月)12時12分配信
 経済産業省は20日、東日本巨大地震の被災地で不足するガソリンや軽油などの緊急確保策の状況をまとめた。
 西日本の13製油所から東北地方への輸送では、計画の3・8万キロ・リットルに対し2・2万キロ・リットルを輸送したほか、輸出停止で当面70万キロ・リットル、緊急輸入で50万キロ・リットル確保する見込みという。
 福島第一原子力発電所周辺地域の住民向けでは、20日中に地域内のガソリンスタンドにまず200キロ・リットル分を搬入した。灯油と軽油についても20日までにドラム缶400本分を宮城県内などの自衛隊基地に搬入し、今後さらに1400本分を追加する。
 一方、製油所が回復し、関東地方のガソリンなどの供給不足は、今週後半頃にほぼ解消するとの見通しを示した。
最終更新:3月21日(月)12時12分

拍手[1回]


2011/03/21 16:10 | Comments(0) | TrackBack(0) | 時事
依然としてガソリンは供給不足。でも・・・

今週はニュースで取り上げられるように、関東近辺、自分の住む宇都宮もガソリン不足。
実は地震前にほとんど空の状態で、すでに警告ランプが点いていた。
でも、みんなと同じように少ないガソリンに群がってしまうことは、新たな混乱を招くことだし、被災地への供給にも影響すると思う。
だから、今週は車を乗らずに凌いできた。
(1週間ぶりにエンジンを付けようとしたらかからなくて、間をおきながらなんとか20分くらいかけてついた!危ない!)

学校は生徒が登校しなくても仕事はある。けど、被災地の隣県である栃木は、卸売り、運送、販売などなど、こういう状態の時には燃料を優先的に使う業種があるはずだと思う。
例えば学校は、修業式を例年よりも遅くし、地震後の1週間を春休みから繰り上げて、教員はできる限り休暇をとるようにすれば、ガソリンの需要は幾分減ると思う。
  (例年) 3学期→修業式→春休み(2週間程度)→新学期
  ( 案 ) 3学期→春休み(1週間程度)→3学期→修業式→春休み(1週間程度)→新学期
特に高校教員は小・中学校と違って、専門教科等や県立学校という特殊な事情があって通勤距離が長い。
被災地のために今必要なことは、まずはガソリン等をできるだけ節約して被災地域に回すことだと思う。

とはいえ、来週から本格的に学校が始まるため、3月20日の今日、ついにガソリンを入れるために並んでしまいました。
初志貫徹ならず残念!(> <)
 

そこで、自分の見聞きした栃木のガソリン事情について報告。
①3月13日~18日の宇都宮市内
数キロにわたるガソリン給油待ちの渋滞が発生。朝7時には軽く500メートルを超えていた(それ以降は見えなかったが1キロを超えていてもおかしくないと思う)。3時間待ちして入れられればラッキーのようだった。多くのGSで供給量の制限あり。
②3月13日~18日の矢板市内
やはり渋滞が発生。ただし、話を聞いていると宇都宮市内よりも入れやすいようだった。また、満タンまで入れられるGSも一部あり。
どこでもそうだが、地震直後の数日は個人商店が穴場だったようだが、2,3日経つくらいには元売りからの供給がストップしていることが多く、臨時休業になるところが多いようだ。
③3月19日(土)の矢板市内
いつまでも同僚の車に乗せてもらってばかりでは申し訳ないので、来週の通勤に備えガソリンを入れに、さくら市や矢板市に向かった。朝6時20分に宇都宮をでて、7時前にさくら市についたが、ガソリンスタンドは長蛇の列。ここは諦めて、入れられる可能性が高いと聞いていた矢板市のGSに向かうと、この日のガソリンの入荷はないとのこと。次の入荷は火曜日だそうだ。このとき7時10分くらい。燃料がほとんどなく、予想走行距離が7kmを切ってしまったため、車を置いたまま電車で隣の市にある実家に避難。幸いなことに実家の両親がレギュラーガソリンを携行缶で持っていたため、それを譲り受けた。車はハイオク使用だがわがままは言っていられない。レギュラーガソリンでも走るが、やはり、1割くらい走行距離は落ちるようだ。結局この日は燃料を消費するだけで、宇都宮に帰った。ちなみに、携行缶に燃料を販売してくれるところはないようだ。車と同じように携行缶を持って並べば可能かもしれないけど。もちろんそんな人は見たことないです!
④3月19日(土)の東北高速道
矢板から宇都宮に帰ってくるときに、できる限り少ない距離で帰ってきたかったので、帰路の途中、サービスステーションのETC専用出入口から高速に乗ろうと思った。ただし、この日の午後に宇都宮以南で一般車の通行が可能になるが、このSSは宇都宮よりも北なので入ることができなかった。寄ったついでなので歩いてSS内に入ってみた。すると高速道路内のGSは営業していた。店員に近寄っていって話をしてみたら、緊急車両と、被災地からの避難車の給油だそうだ。言われてみれば「いわき」「福島」ナンバーが多い。それ以外の車には給油しないし、一般車は通行できないようになっているとのこと。もちろん、家族で、家財を持ち運んだ車に給油する姿を見れば自分の車にガソリンを入れてくれとは言えない。「やっぱり優先順位は被災者だよね」と言ってその場をあとにした。
ついでに。SSで中部電力の工事車両を十数台見た。おそらく福島原発での仕事を終えてきたのだろう。大きな責任を背負って頑張ってきたであろう人たちがちょっと格好良く見えた。
⑤3月20日(日)の日光市内(旧今市市)
聞いた話では、日光は地震発生後から、その日の朝方に並べば時間はかかるけどほとんどの場合買えたということだったので、7時15分から車で並んだ。しかし、休日のためか、相当数の供給があったため、4時間並んだところで、売り切れご免となってしまった。諦めて宇都宮に帰った。もう本当に燃料がない。
一方、家の灯油もなくなっていたので、宇都宮のアパートから徒歩で灯油を入れに近くのGSに。灯油は普通に買えた。もちろん、ガソリンはやっぱりすごい行列だった。そこで、店員さんと話していたら、ガソリンはまだあるけど千円札がなくなって困っているとのこと。
「でもガソリンもそろそろ無いんでしょ?」と聞いてみると、「まだありますよ」。
「でも今から並んでも買えないでしょ?」「んーどうでしょう。とにかく千円札がなくて」
その1時間後くらいに、自転車でそのGSに行ってみるとまだ渋滞があった。しかも供給を続けている。
ダメもとで、帰宅後車で向かい列に並んだ。結局、並んでいる途中から3,000円制限をしはじめたものの2時間かからないでハイオクを入れることができた。1/3も入っていないが入っただけでうれしい。ちなみにこのGSは、入荷が久しぶりで昨日が2日ぶりの営業と言っていた。
 

17日に政府からガソリンの供給対策が成果を見せてきたのかどうか、20日(日)の今日は、エネオスのタンクローリーを見かけたり、営業するGSがわずかに増えたような気がする。そうはいっても、比較的小規模なGSは依然として臨時休業だった。一連の流れから勝手に推察すると、ガソリン給油は依然として長蛇の列だが、徐々に正常化するような気配があるように思えた。
 

長々とガソリン事情を書いてきました。
これはガソリン不足に悩んでいる人の参考になればといいなぁという思いがあるからだけれども、何よりも、自分に対してもそうだが、できる限り車での外出を控えましょうと強く言いたい。
自分は来週もできる限り相乗りします!
 

拍手[0回]


2011/03/20 20:44 | Comments(0) | TrackBack(0) | 時事

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]