忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/21 20:39 |
「東北地方太平洋沖地震」

3月11日、午後2時46分、「東北地方太平洋沖地震」が発生。
この日の午後、自分は所用のため栃木から東京に移動し、そこで地震にあった。
東京の高層ビル群が揺れる様子に驚いていたが、信号のため停車をしていた車の運転手をみると上下に揺れていたのにもびっくりした。
30分後、路上に人があふれてきて、電車が全線ストップしたことがわかった。
結局、その日は交通網は麻痺。
幸いなのは予め宿を予約しておいたことだ。
ホテルのロビーが帰れない人のために解放してあったが、帰ることができない友人を部屋に泊めたため、自分は床に雑魚寝。
でも、暖かい部屋に居られただけでも良かった。
ただ、翌朝も交通網の混乱が続いており、例えば6:59の電車は8:47にくるような状態だった。
当然ながら車内は大混雑で、電車に乗るのも一苦労。
ぎゅうぎゅう詰めでストレスやイライラ感が募った状態だったが、安心したこともある。
下車しようとしても降りられないほど圧迫されていたが、あちこちで「降りる人がいますよー」と声を掛け合ったことだ。
乗車の譲り合いはできなかったが、助け合う気持ちはあった。
また、列を守るマナーも守られていたのは、日本人の文化だろうか。
結局、一緒に行動をしていた友人の友人の車に送られて宇都宮についた。

しかし、帰ってきたアパートに入るとびっくり。
すべてポルターガイスト状態。
トイレの陶器の蓋が落ちて真っ二つに。
掛け時計はぶっ飛び、破損。
ウォークインクローゼット内の掛け所は折れて、ドアにはドライバーが突き刺さる有様。
月曜の今日の学校は、生徒休校で、職員は学校の点検・整理におわれた。
いろんなものが落ちており、建物にはたくさんのヒビが入っていた。

明日、火曜日は、県内の高校は休校。
職員は基本的には出勤だが、すでに車の燃料がない。
高校職員は20~30kmの勤務はざらで、自分も35kmの通勤。
電車も走っていないのであれば、明日は自宅待機にするしかない。
一応、今後は省エネに協力すべく、今週の通勤は相乗り作戦を考えています!
今できることはそれくらいかなぁ。

それから、自分は元気です!
もっと大変な思いをしている人たちもいるし、弱音ははけません。
被災者の方々にはエールを送りたいです!

拍手[4回]

PR

2011/03/14 18:12 | Comments(0) | TrackBack(0) | 時事

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<依然としてガソリンは供給不足。でも・・・ | HOME | 渋滞の定義って?>>
忍者ブログ[PR]